【過去最高の出来】GAN11 M Pro 徹底レビュー【Advent calendar 2020】

この記事は約7分で読めます。

メリークリスマス!2020年の年末からこんにちは。triboxチーフアンバサダーのYuukiです。

この記事の結論はGAN11 M Proは今出回っている3×3×3の中で間違いなく一番いいキューブである』です。前作フラッグシップのXSも「過去最高」「前作のXを超える」などと言われており、年々その評価が某ワイン化しているキューブ界ではありますが、GAN11 M Proは過去最高の出来です。

GAN11 M Pro Stickerless Frosted
ルービックキューブや立体パズルの商品購入...

前作のGAN356 XSからの正統進化

某ワイン風の言い方をすれば「過去最高であった前作を超えるモデル」

一番実感するところは軽さと安定感のバランスが改善されていることでしょう。形状の改良に加え、新機能の搭載が寄与しています。

ここでは「結局何がいいのか」を項目別にみていきます。

GAN11 M Pro Frosted – tribox store

GAN’s Magnetic Core

今年のフラッグシップ最大の目玉と言っても過言ではない新機能がこちら。

その名の通り、キューブのコアにマグネットがついており、コーナーのマグネットとくっつく仕組みになっています。

これが本当に優れもので、非常に密着した回し心地で非常に安定感があります。個人的な感覚で言うと、キューブを回す際の開いている感じ、いわゆる「パカパカする感じ」がなくなっています(伝わらない)

GMS v3

GAN公式サイトより

今まではエッジに磁力を調整できる「つまみ」がついていましたが、今作はコーナーに調整用の機能がついています。このつまみを動かすことで、コーナーについているマグネットが出たり引っ込んだりして、コアについているマグネットとの距離が変わり、磁力が変わる仕組みになっています。ちなみにコーナーについている磁石自体も変更できます。

文字にすると意味わかんないので、今度ちゃんと動画で説明します。

軽量化

新機能搭載について回る重量問題ですが、今回の11 M Proは前作よりも軽くなっており、持っただけで軽いとわかるほど軽量化されています。

GAN 356X (2018) : 77g/80g

GAN356XS (2019) : 67/68g

GAN11 M Pro (2020) : 63g

※11以外に2種重さがあるのはステッカーレスとステッカータイプの違いと思われます (推察です)

これはコーナーとエッジの形状が少し変わっていることも寄与していそうですが、GANのキューブは磁石を積んでなお重量的に軽いの本当にすごい。

GAN公式HPより

GAN公式のHPでも軽さが強調された表現になっています。羽を軽さの表現にするのはどの国も一緒なんだなあ。

重量だけでなく回転も軽い

XSでも十分軽いと感じるキューブでしたが、11 M Proは安定感があり回しやすいのに回転もより軽いと言う、いいもの全部乗せみたいなキューブになっています。

この辺りはすがまとあさとと一緒に回した動画でも触れているので、是非二人の早すぎるソルブと一緒に動画も見ていってね!チャンネル登録もしてね! (突然のPR)

GAN11 M Proをみんなで回したよ【感想動画】

※5:38ころ〜

コーティングの種類が選べる

今回から表面コーティングの種類が選べるようになりました。

前作まではマット加工でしたが、開封当初すべると言う声も多くあり、改善策として2種類の加工バリエーションを出し、全3種類とした形です。

GAN公式HPより

これが3種類のコーティング (4種類のキューブ) だ!!!

両さんに言われた通りもっとよく見てみましょう。

Frosted (フロスティッド)

これまでと同様のマットコーティングです。マット加工ではありますが、開封当初は少しさらさらしているため、人によっては思わぬところが回る・ファンブルするなどの現象が起こる可能性があります。

僕個人の感覚ですが、500回から1000回くらい回すとマット加工がいい意味で剥がれてきて、滑らず扱いやすくなるな、というイメージがあります。

Frostedのみ内部の色が原色 (下の画像)と、黒色 (上の画像) があります。内部黒色の方が回し慣れている人が多いためか、僕の周りでは黒を使っている人も多いと思いますが、原色でも大きく差はないかな、というのが1ヶ月ほど回した印象です。

GAN11 M Pro Stickerless Frosted
ルービックキューブや立体パズルの商品購入...

Soft-Coated (ソフトコート)

見た目はほぼFrostedと変わりませんが、加工が違い、初期状態からより滑らないコーティングになっています。個人的に一番好きです。また、先日GANからスポンサードされたMattyもSoftが一番好き、と言っていたので迷ったらSoftを買ってもいいかもしれません。

GAN11 M Pro Stickerless Soft-Coated
ルービックキューブや立体パズルの商品購入...

UV-Coated (ユーブイコート)

UVですが、他とは明らかに違います。見た目はテカテカ、触り心地はぺたぺたという感じです(伝わらない) Frosted、Softとは異なり硬めのコーティングがされています。滑り止めのコーティング感が強く回した感じでは人を選ぶかな、という印象があります。

あっさりsub4を出すMattyの動画もどうぞ。

Some Sunday Solves #4 – GAN 11M Pro Comparison (UV Coated, Frosted, and Soft)

202012月現在、「初回分以外のUVの生産予定はなし」とメーカーが販売店に公表しているようです。そのため、以降の入手は難しいかもしれません。

GAN11 M Pro Stickerless UV-Coated
ルービックキューブや立体パズルの商品購入...

もっと各バリエーションを知りたい人へ

実は動画を一本撮っています。あわせて是非ご覧ください!

【結局どう違うの?】GAN11 M Pro バリエーションレビュー

 

終わりに

2020年フラッグシップのGAN11 M Proを紹介してきましたが、今までのどのキューブよりも構造・性能で明らかにナンバーワンだと思います。どのキューブを買えばいいか悩んでいて、予算が許すのであれば是非試して欲しいキューブです。

さて、最後に書くのも新しい感じですが、この記事はSpeedcubing Advent Calendar 2020の記事として執筆しました。スピードキューブにまつわる記事がたくさんあるので、是非見ていってくださいね。

Speedcubing Advent Calendar 2020 - Adventar
## Speedcubing(スピードキュービング)とは ルービックキューブまたはその他パズルを解くまでの時間の速さを競うことをスピードキュービングまたはスピードキューブと呼びます。 その他パズルは下記のサイトに定義されているパズルです。 ( 「Speedcubing Advent Calendar」は「Speed...

前日の24日はenots君の『「ガチる」趣味との付き合い方』でした。

実は最近本業がめっちゃ忙しくて読めていないので、後ほどゆっくり皆さんの記事を読もうと思っています。この記事の内容で本当は動画も撮りたかったのですがそれはまた今度。動画の方が見やすいしわかりやすいと思うので期待して待っててくださいまし〜〜

今年は本当に激動の一年でしたね。コロナのステイホームで始めたYouTubeやPuzzLeadも仕事が忙しくなって更新頻度が落ちてしまったので来年は頑張ります!

特にキューブ界ではJRCA(日本ルービックキューブ協会)が解散し、大村さんを先頭にしたSCJ(スピードキュービングジャパン)が設立されたりと、今までにない一年でした。この辺りは詳しく書きたいな、って思ってます。

それでは皆さん、体調にお気をつけて!良いクリスマスを!

2020.12.25 Yuuki

コメント

タイトルとURLをコピーしました